情報の重要性

どっかの誰か様がおっしゃられていた通り情報とは重要なものである。その最たる例が初見殺しであろう。

例えば、ゲッコウガがガルーラに格闘Z撃ってきたーとか。が、この場合何故ガルーラが死んだかというと、格闘Zでガルーラを一撃で倒せるからである。つまりすぐ答えがわかる。そう、これは問題を覚えていれば解ける初見殺しの類なのである。

一方、これ以上の例がないので無断で使わせてもらいますが、秘密ガルーラ。こいつにガブリアスを殺されたとしよう。この場合、まず、秘密+ふいうちで死ぬわけだからガブリアスと対面させなければいいと思うかもしれない。が、冷静に考えてみよう。当時の私たちは秘密+不意打ちで死ぬことを知らないのである。おそらく理解までに三回はかかる。あ、これほぼ確定で死ぬんか、と。んでもってである、なんかとりあえずスイクン出したんですけど、身代り張られただけであんな低火力ポケモンに屈しましたってなるわけだからどうしようもない。正解はゲンガー出しなのだが、んなもんたかが2~3試合でわかるわけがないのである。つまりこれは「あ、これ秘密ガルーラのお方だ」と問題を覚えていても自力で解けない初見(もはや何回でも殺せるが)殺しなのである。自力で解けないのであれば他人に教えてもらうしかなく、他人に解けなければ答えをただ待つしかない。そうなれば出題者の勝利である。

 

というわけでね、目指す初見殺しは圧倒的後者なわけなのだが、ハードルが5億mくらいの高さなので頭が痛い。