読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

初手性能

どいつを初手に出そうか。この時に私が考えることはまず第一に行動保証である。ちなみにこの行動保証という言葉私としては証が正しいと思っている。多分、辞書で確認した八割くらいの人がそう思ったんじゃなかろうか。

 

 

で、本題に戻るが、何故行動保証を第一に考えるかというと、一発芸でゲームが終わるからである。六世代最強とうたわれたガルーラが昨今の超火力環境の荒波に巻き込まれ雷塵と化したのは記憶に新しいだろう。見かけの優位にかまけて安易に突っ張るとお相手の自慢のZで泣きを見てしまうということが、この第七世代シングル環境においてはあり得るのだ。故に私はどんな状況下でも一回は行動できる駒を用意することが理想であると考えた。

例として、頑丈もち、襷持ち、ミミッキュなどが上がる。前者二つからさらに具体的に述べるとするなら、岩むしの名前忘れたあいつ、ジバコイル、襷キノガッサあたりがまあ出てくるのではないかと思っている。少し格落ちするが、耐久ガン振りしたメガボーマンダ辺りも行動保証はある方であるといっていいだろう。ここまで書いといてなんだが、極論すぎることは自覚している。

 

第二に交換することにリスクを与えることというのが挙がる。これは具体例を出した方がわかりやすいだろう。

六世代の話になるがブラッキーというポケモンがいた。当時はまだボロ人形や守り神たちがいなかったため彼も今よりは元気だった。対応範囲と行動保証だけで見るならトップクラスだったと思う。しかし、初手に出したら、後ろからウルガモスにこんにちわされて簡単に死んでいった。一方、ORAS時代のメガガルーラは後投げクレセリアすらも突破するのでした。ちゃんちゃん。

と、このように例え対面でアドが取れようが、後ろから来たポケモンに0:10で返されるようであれば、それは最早初手だし負けと何ら変わらないのである。まとめると、交換されてもアドを維持できるようにしなきゃ損だねってこと。

 

 

まあ一応第三に対応範囲が入るかなって感じ。というか上記二つを満たしていればいやでも備わってるんじゃないかな多分。